ホームページ制作期間ってどのくらい?流れや準備しておきたいことを解説

Web制作

ホームページは様々な種類や機能があり、各ページのデザインや仕様が変われば、制作の流れや必要な期間は異なります。全てのホームページを一律に扱うことはできませんが、基本的な制作の流れや制作期間は共通していることもあります。

まず最初に、企画やデザインの段階で、そのホームページの目的やターゲットとするユーザーをはっきりさせます。

次にホームページの内容や会社案内のパンフレットや、自社のロゴの雰囲気を元にデザインの基本的な方向性を決めます。その後、制作や構築のフェーズで、ホームページの構造やデザインを具体化し、テストや修正を重ねて完成に近づけます。最後に、完成したホームページを公開し、その後のお客様が運用や更新を続けていきます。

ホームページの規模感によって制作にかかる期間も変わってきます。今回はホームページの種類ごとにどれくらいの制作期間が必要かを解説していきます。

ホームページ制作期間を種類ごとに解説

全体のページ数が多いほど、設計から開発までの期間は長くなります。

例えば、20ページを制作する場合は、10ページの時よりも作業量が多くなるため、それに応じて制作期間も長くなります。
逆に、ページ数を減らすことで、作業量を減らし、完成までの時間を短縮することも可能です。

以下が制作期間の目安になります。ホームページの種類や要望に応じて、制作期間は柔軟に調整されることが多いです。
重要なのは、計画段階で目的や要望を明確にし、それに基づいて実際の作業工程を効率的に進めることです。
だいたいのイメージとしてご参考ください。

弊社ウェブ制作サービスついて詳しくはこちら

LP(1P程度)

制作期間:1カ月程度

ホームページの中でも特に短い制作期間になります。ランディングページ(LP)の特徴は、1ページだけを制作する点にあります。

そのため、デザインレイアウトの検討やコーディングなど、制作に関わる作業は比較的少ないです。 コーポレートサイトなどと違い、LPではコンテンツ管理システム(CMS)の構築が必要ない場合が多いです。これにより、他の種類のホームページと比べて、より簡単かつ迅速に制作することが可能です。
ですが、多くは広告のランディングで使用することが多いのでページ内構成が非常に重要になります。
その為ページ構成を最終決定するのに時間がかかる場合もあります。

LPは、シンプルな構成で効果的な情報を伝えることに焦点を当てており、スポットの商品を宣伝するのに制作することが多く、ホームページの中でも最も手軽に作成できるカテゴリーと言えるでしょう。

弊社ランディングページ(LP)制作について詳しくはこちら

小規模ホームページの制作期間(2~20P程度)

制作期間:2~3か月半程度

会社の公式ホームページによくあるボリュームになります。 閲覧者が自社に興味を持つよう多くの画像を掲載して雰囲気をアピールします。

そのためには多数の画像の撮影・加工が必要で、撮影対象のスケジュール調整もホームページ制作日数に含めます。また、10〜20ページ程度のホームページになると掲載を希望されることがあるのが「採用ページ」です。採用ページは、代表者や社員のインタビュー、写真、社内の風景、動画など、多くの素材の準備が必要な場合もあります。

これらの素材を準備するには、撮影や取材、加工などのスケジュールを考慮する必要があります。したがって、採用ページはただページを作るだけでなく、依頼をする前に多くの準備作業が伴うため、制作期間は比較的長くなることが多いです。これらの点を考慮することで、より現実的な計画を立てることができます。

中規模ホームページの制作期間(20~100P程度)

制作期間:6~8か月程度

中規模ホームページの例としては、中小企業のコーポレートサイトや詳細な情報を含むホームページがあげられます。ページ数が多いほど、デザインやコーディングの作業、そしてテストにかかる時間は増えます。また、打ち合わせの回数も多くなるため、スケジュールには余裕を持つことが重要です。

さらに、ホームページが大きくなると訪れるユーザーも多様化します。このため、さまざまなブラウザ、OS、デバイスに対応したデザインが求められ、これに応じたデザインとコーディングには時間が必要になります。異なるデバイスやブラウザで同じように見えるようにするための調整は、細かく時間がかかる作業です。

これらの点を考慮すると、中規模ホームページの制作には、詳細なプランニングと十分な時間が必要です。ページ数が増えるほど、またユーザーのニーズに応じた複雑なデザインが必要なほど、制作期間を有し、その分、計画的に進める必要があるということです。

大規模ホームページの制作期間(100P以上)

制作期間:8~12か月程度

大企業の100ページ以上の大規模なホームページは、製品やサービスの情報、お問い合わせフォーム、最新情報(NEWS)のページなど、多くのコンテンツが含まれるため、制作にはかなりの時間が必要です。

納期の制約がある場合、完成したページから順次公開するような段階的な納品を行うこともあります。例えば、多言語に対応する際、まず日本語のページが完成したらそれを先に公開し、その後、他の言語のページを順に作成・公開していく方法があります。このように段階的に公開することで、全てのページが完成するまでの時間を有効に活用しながら、順次情報を提供することができます。

大規模ホームページの場合、ページ数が多く、コンテンツも複雑になるため、全体の計画をしっかり立てることが重要です。そして、ページごとの公開計画を立てることで、より効率的にホームページをリリースし、ユーザーにとっても役立つ情報を早期に提供することが可能になります。

ホームページリニューアル

制作期間:3か月以上

ホームページのリニューアルにかかる時間は、変更の範囲によって大きく異なります。もし内容やデザインのほとんどを一新する場合、これは新規ホームページ制作とほぼ同じくらいの作業が必要になり、通常3ヶ月〜半年以上の期間を見積もる必要があります。リニューアルの具体的な内容については、事前に制作会社としっかりと打ち合わせを行うことが大切です。

この打ち合わせで、どの部分をどのように変更するのか、新しく追加する機能やデザインの要望など、リニューアルの詳細を詰めていきます。これにより、プロジェクトのスケジュール設定が明確になり、効率的なリニューアル作業が進められます。

リニューアル作業では、既存のホームページの内容を見直し、現在のトレンドや最新の技術に合わせた更新が求められます。これには、既存のコンテンツの分析や新しいデザインの検討、さらにはテストと修正作業が含まれるため、計画的に時間を割くことが必要です。

ホームページのリニューアルは、単に見た目を変えるだけではなく、よりユーザーに使いやすさを感じてもらえるように改善することが重要です。

弊社ホームページリニューアルついて詳しくはこちら

ECサイト制作

制作期間:3か月以上

自社の商品を扱う新規ECサイトを立ち上げる際、制作には通常3ヶ月以上の期間が必要です。ECサイトは、商品を掲載するページや購入手続きのページなど、組み込む機能やコンテンツが多岐にわたるため、普通のホームページよりも制作期間が長くなることが一般的です。商品の数や種類によっても、制作に必要な時間は変わります。

ECサイト制作では、商品の紹介文や画像の準備、購入プロセスの設計、各種支払い方法(クレジットカード、PayPay、コンビニ決済など)の選択など、様々な要素を考慮し、計画的に進める必要があります。また、ユーザーフレンドリーなデザインや使いやすいインターフェースの開発も大切です。

これには、デザインの検討、コーディング、テストなどの工程が含まれます。効果的なECサイトを作るためには、これらの各段階に十分な時間を割くことが、スムーズなホームページ立ち上げへの鍵となります。また、各種決済会社への審査期間もスケジュールに入れておく必要があります。

商品を効果的に紹介し、購入プロセスをスムーズにすることで、ユーザーにとって使いやすいホームページになります。

弊社EC制作について詳しくはこちら

ホームページ制作にかかるだいたいの費用の目安

ホームページの種類やページ数、デザインや追加機能、そして制作会社によってもちろん費用は前後しますが、下記がおおまかな費用と目安です。

ホームページの種類 ページ数 費用の目安
LP 1P 20万円~
小規模コーポレートサイト 2~20P 30万円~100万円前後
中規模コーポレートサイト 20~100P 100万円~500万円前後
大規模コーポレートサイト 100P以上 500万円~
ホームページリニューアル 内容により変動 30万円~
ECサイト 内容により変動 30万円~

ホームページ制作の大まかな流れと項目ごとの期間

大まかな流れと期間を把握して、想定している規模のホームページだとどのくらいの制作期間がかかるのかをイメージしておきましょう。

制作会社の選定

必要な期間:約2週間~

ホームページ制作を始める際、まず最初に重要なのは、制作を依頼する企業を選ぶことです。

制作会社を選ぶ際には、その企業の過去の実績や専門性を確認しましょう。制作実績などを確認して自社のニーズに合った特性を持つ企業を探すことが大切です。また、予算に合った会社を選ぶことも重要で、制作費用だけでなく、運用や更新にかかるコストも考慮に入れる必要があります。コミュニケーション能力も重視すべきポイントです。

プロジェクト中のコミュニケーションは、要望を正確に伝え、理想的なホームページを作り上げるために必須です。単純に合う合わないもありますので一度お話ししてみるのもいいでしょう。アフターサポートやメンテナンスの体制も確認しておくことも大切です。

適切な制作会社を選ぶことは、ホームページ制作の成功に不可欠です。技術力、予算、コミュニケーションスキル、サポート体制を総合的に判断し、自社の目的に最も合った会社を選定することが、理想的なホームページ制作を構築する第一歩となります。

打ち合わせ

必要な期間:約2週間~

契約前に多くの制作会社が行うヒアリングは、ホームページ制作プロセスにおいて非常に重要です。このヒアリングで、制作の目的、ホームページの方向性、デザインなどについて話し合います。

クライアントによって希望するホームページの種類は異なり、それによって必要な予算や制作期間も変わってくるため、ヒアリングは必須のステップです。初回ヒアリングのポイントは、作りたいホームページの具体的なイメージを明確に伝えることです。この段階で、クライアントと制作会社の間で認識の違いがあると、希望通りのホームページを作ることが難しくなります。

そのため、ヒアリングに臨む際には、事前にしっかりと準備をしておくことが重要です。具体的には、どんなデザインや機能が必要か、どのようなコンテンツを掲載したいかなど、自分たちの希望を明確に伝えられるといいでしょう。
また、参考にするホームページや競合他社のホームページを例に挙げることで、より具体的なイメージを伝えやすくなります。このように、ヒアリングはホームページ制作の成功に向けての重要な一歩であり、クライアントの明確な要望を伝え、制作会社と共有することで、スムーズかつ効果的な制作プロセスが可能になります。

見積もり

必要な期間:約1週間~

ヒアリングの後、制作会社から見積もりが提出されます。何社か見積もりを取り、制作会社を比較することをおすすめします。
制作会社によって費用が異なる事も多く、適切な価格とサービスを提供する会社を見極めることができます。

ただし、選定の際には費用だけに注目するのではなく、制作会社の強みや体制、過去の実績なども総合的に評価することが重要です。
例えば、特定のデザインスタイルや技術に強みを持っている会社、または特定の業種に精通している会社など、自社のニーズに合った特徴を持つ制作会社を選ぶことがホームページ制作の成功へ近づきます。

提案

必要な期間:約2週間~

制作会社から提出される企画提案書は、課題解決や構築方法などがまとめられており、制作会社を選ぶ際に重要な役割を果たします。提案内容を評価する際のポイントは、自社の課題に対して改善案が適切に表記されているかどうかです。

初回ヒアリングで自社が望むホームページのイメージを詳細に伝えたとしても、制作会社との間に認識の違いがある場合があります。企画提案書を通じて、そのような認識の違いやズレを早期に発見することが重要です。これにより、後のフェーズでの誤解や修正が必要になる作業工程を最小限に抑えることが可能になります。

提案書を確認する際は、自社の要望や課題に対して提案された解決策が具体的かつ実現可能であるかを検討し、提案されたデザインや機能が自社の目指す方向性に合致しているかを確認することが大切です。また、提案書の内容が明確で理解しやすいか、制作会社の専門知識や経験が適切に反映されているかも評価のポイントです。
慎重な検討を行うことで、ホームページ制作の過程でのトラブルを予防し、スムーズなプロジェクト進行を実現できます。提案書は、制作会社の理解度と能力を見極めるため重要です。

ホームページ設計

必要な期間:約2~3週間

ホームページ制作の企画・設計フェーズでは、サイトマップやワイヤーフレームの作成が重要な工程です。
サイトマップでは、ホームページの全体構成を決定します。これは、トップページの下層に「会社概要」や「サービス」などのコンテンツセクションをどのように配置するかを定める作業です。

一方、ワイヤーフレームはページの基本的なレイアウトを示す下書きのようなもので、ページがどのように見えるかを視覚化します。これにより、ページの構造や要素の配置を具体的に検討できます。サイト設計はホームページの基盤を形成します。この段階で、ホームページの目的が明確でブレていないかをしっかり確認することが重要です。

また、ホームページは集客効果にも影響するため、SEO(検索エンジン最適化)に配慮した設計が行われているかどうかも考慮する必要があります。このフェーズでは、ホームページの目的に基づいた効果的な構造を構築することが求められます。サイトマップとワイヤーフレームを通じて、ユーザーフレンドリーで、かつSEOに強いサイト設計を目指しましょう。
これにより、サイトの設計段階での明確な方向性が、後の制作プロセスへ、スムーズに移行できます。

デザイン

必要な期間:約2週間~1ヶ月以上

デザインフェーズでは、デザインのコンセプト設計や素材の準備、デザインカンプの作成などが行われます。
この段階では、どのようなデザインにするか計画を立て、後のコーディングフェーズで実際のページに反映するための基本的なデザインを用意します。素材については、クライアント側から提供されることもあれば、制作会社が有料素材を用意することもあります。

素材の選択は、ホームページの見た目に大きな影響を与えるため、慎重に選ぶことが重要です。特に自分で素材を選ぶ場合は、ホームページの全体的な雰囲気やメッセージに合ったものを選ぶよう心がけましょう。

また、自社内で写真や画像を探して使用する際は著作権に注意が必要です。インターネット上で配布されている素材を使用する場合でも、著作権の制約がないか、使用許可があるかを確認することが不可欠です。
ホームページのコンセプトに基づいたデザインの作成と、適切な素材の選択が、後のコーディングフェーズの効率とホームページの質に大きく影響します。ここでの慎重な検討と素材選びが、ホームページの魅力を高める鍵となります。
デザインの修正回数は会社によって制限がある場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめいたします。

コーディング

必要な期間:約2週間~1ヶ月以上

コーディングフェーズでは、HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使って、実際にホームページを構築していきます。デザインカンプを実際に動作するウェブページに変換する工程です。

具体的には、1枚の静止画であるデザインを、操作可能なウェブページに変えていく作業になります。このフェーズでは、CMS(コンテンツ管理システム)の設定やお問い合わせフォームなどの機能の実装も行います。全てのデザインが確定してから行われる事は少なく、確定したページから随時コーディングに入っていきます。
この段階で確定したページのデザイン変更は、追加費用が発生することが多いので確認しておくことをおすすめいたします。

これらの作業には比較的時間がかかり、1ヶ月以上の期間が必要なケースもあります。
コーディングの工程は、事前に設計されたサイトマップやワイヤーフレームに従って進められます。このフェーズは、ホームページの使いやすさや、機能性に直結します。
そのため、デザインや機能の要望が正確に反映されるよう、制作会社とのコミュニケーションを密にすることが重要です。しっかりとコーディングされたホームページは、ユーザビリティの高い、効果的なホームページとなります。

ホームページ検証

必要な期間:1週間程度

検証は、ホームページが正しく動作するかどうかを確認する重要な工程です。この段階では、バグ(不具合)の有無や、設計やデザインが正確に制作されているかを徹底的にチェックします。発注者側は、ホームページが仕様書通りに制作されているかどうかを確認することが求められます。

この検証プロセスで、設計内容に変更が必要となる場合、追加の修正費用や作業期間が発生することが一般的です。つまり、ホームページ設計の段階で慎重に決定することが重要になります。検証は、ホームページの品質を保証するために不可欠な工程であり、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにも重要です。また、様々なブラウザやデバイスでホームページが適切に表示されるかどうかもこの段階で確認します。

検証フェーズを丁寧に行うことで、最終的なホームページの品質を高め、ユーザーにとって快適なホームページを提供できるようになります。

ホームページ公開・運用

ホームページの公開後も、その運用は継続的な作業が必要です。例えば、情報が変わった際には、ホームページ内容の更新が必要となります。また、集客効果を維持・向上させるためには、定期的なコンテンツの制作やホームページの分析・改善が求められます。運用方法は様々ですが、一つの方法として、自分でホームページの分析を行い、情報を更新することがあります。

しかし、社内でのリソースやデザイン・コーディングの専門知識が不足している場合、制作会社のサポートを受けることが効果的です。多くの制作会社では、ホームページ制作だけでなく、集客やWEBマーケティングの支援も提供しています。特にWEBマーケティングに力を入れたい場合、これらのサービスを利用すると、ホームページの運用更新から集客支援まで一貫してサポートを受けられます。これにより、ホームページの品質を維持しつつ、効果的なオンラインプレゼンスの構築が可能になります。

ホームページ公開後の運用は、ホームページを「育てる」過程と考えると良いでしょう。定期的な更新と分析によって、ホームページは常に進化し、観覧するユーザーにとって価値のあるものに成長していきます。

ホームページの制作期間を短縮するコツ

こちらではできるだけ、ホームページの制作期間を短くするために事前に準備しておくと良いことをご紹介します。

参考になるホームページをリストアップしておく

ホームページ制作にあたっては、参考となる他社のホームページを事前にリストアップしておくことが有効です。ホームページは視覚的な要素が重要なので、言葉での説明よりもビジュアルとして参考サイトを提示する方が、デザインや構造について同じイメージを共有しやすくなります。

参考にするホームページを探す際には、「ギャラリーサイト」というツールが役立ちます。ギャラリーサイトは、優れたウェブデザインの例を集めたサイトで、さまざまなスタイルや業界のウェブサイトを効率的に閲覧することができます。これを利用することで、自社のサイトに適したデザインのアイデアを得ることが可能です。

また、リストアップしたサイトを参考にする際は、単にデザインを模倣するのではなく、自社のブランドやメッセージに合った独自の要素を取り入れることが重要です。参考サイトはあくまでインスピレーションの源泉として利用し、自社独自の個性を表現するためのアイデアを得ることが目的です。

ホームページの素材集めを事前に済ませる

ホームページ制作では、掲載する画像の準備が非常に重要です。想像以上に素材を集めるのは困難で、時間がかかる事が多いです。事前に必要な画像を準備することで、制作プロセスをスムーズに進めることができます。

特に、商品やサービスに関連する画像、社員インタビュー、オフィスの内部などの写真は、ホームページの魅力を高める重要な要素です。これらの画像を用意する際には、場合によっては専門のカメラマンに外注し写真撮影が必要になることがあります。
高品質な画像はホームページのプロフェッショナルな印象を強化し、訪問者の関心を引き付けるため、撮影には注意を払うことが大事です。

素材集めは、ホームページの全体的な雰囲気やメッセージを決定づけるため、あらゆる状況を考慮して行うことが望ましいです。事前にしっかりと、どのような画像が必要なのか想定しておくことで、制作をスムーズに進められます。

プロジェクト責任者を事前に決めておく

ホームページ制作を発注した後は、制作会社に全てを任せるのではなく、定期的な打ち合わせや確認を通じて、共同でプロジェクトを進めていくことが重要です。
制作会社から提出されるデザインや構成に対して、すぐに決裁者が確認できるようにプロジェクト責任者を必ず指名しておくことも必要です。プロジェクトにおける責任者が不明確な状態で進行すると、社内での意思決定が遅くなり、結果としてスケジュールの遅延を引き起こす可能性があります。

この担当者は、制作会社からの提案や進捗に対して迅速に反応し、必要に応じて社内での調整や決定を行います。このようにして、プロジェクトの進行を効率的に管理し、期待通りのホームページを完成させることが可能になります。
また、担当者はプロジェクト全体のビジョンを理解し、社内外の関係者との橋渡し役としての役割も担います。

確認時間を短縮する

ホームページ制作過程で、制作会社から「サイトマップが完成した」や「トップページデザインができた」といったタイミングで確認の連絡が入ります。

この時、担当者が決裁者に迅速に確認できる状態にしておくことで、迅速なOKの返事を制作会社に出し、制作をスムーズに進めることができます。サイトの規模が大きいほど、確認すべき項目は増え、各ステップでの確認に時間がかかると、それに伴い完成日も遅れることがあります。

そのため、プロジェクト開始時に制作会社から提供されるスケジュールを参考に、決裁者が確認できるようなスケジュール管理が重要です。確認日の予定に合わせて、決裁者のスケジュール調整を行い、迅速な意思決定が可能な状態を作り出すことが必要です。
これにより、プロジェクトの進行を適切に管理し、予定通りの完成を目指すことができます。担当者と決裁者の間の効率的なコミュニケーションとスケジュール管理ができます。

ホームページ制作期間を知って計画を立てよう

ホームページ制作の期間は、作成したいページ数や内容によって異なります。制作会社にイメージ通りのサイトを依頼するためには、まず社内で目的やイメージを明確にまとめ、共有することが重要です。

共通の認識があれば、デザインから始めて納得のいく内容を期待でき、修正回数の削減や完成時期の延長を防ぐことができます。ホームページに含めたい内容だけでなく、制作会社からの確認後に誰が承認するかもはっきりさせておくことが重要です。

これにより、制作会社からの連絡があった際に迅速に対応でき、プロセスがスムーズに進行します。特に、依頼者の承認が必要な工程では、制作が一時停止することがあるため、社内での連携と承認プロセスを確認し、整理しておくことが大切です。
これにより、プロジェクトの遅延を防ぎ、効率的にホームページ制作を進めることができます。正確なコミュニケーションと計画的なプロセス管理が、ホームページ制作の成功につながります。

関連リンク

digrartのホームページ制作
https://www.digrart.jp/web/web-design/

ホームページ制作に関するお問い合わせ
https://www.digrart.jp/contact/

facebook twitter はてなブックマーク LINE

Webに関するお問い合わせ、
お電話、ご相談はこちら。