ECサイトのコンバージョン率を向上させるには?影響するページや改善点を解説します

ECサイト制作・構築

かつてはウェブサイトの優劣を判断する際に「PV(ページビュー)」が主要な指標でしたが、現在では「CVR(コンバージョン率)」が欠かせない評価基準となっています。特にECサイトにおいて、CVRの向上は売上に直結する重要な要素です。CVRとは、サイト訪問者が商品購入や資料ダウンロードなどの具体的な行動(ゴール)に至った割合を指します。

ECサイトのCVR計算方法は、サイトにおける購入者数を訪問者数で割り、その結果に100を乗じたものです。例えば、1,000人の訪問者がいて10人が商品を購入した場合、CVRは1%になります。

CVRが低い場合、その理由を徹底的に分析し、CVRを上げるための改善策を考えることが重要です。これには、ユーザーに対してわかりやすいサイト設計、購入までのプロセスの簡素化、動線誘導の明確化などが含まれます。競合サイトの成功事例を参考にすることで、効果的な施策を発見し、自社のサイトに適用することが可能です。

CVRを上げる方法には様々なものがありますが、平均的な数値と比較して自サイトの状況を把握し、適切な対策を実施することで、ECサイトの成果を大きく改善することができます。

ECサイトにおけるコンバージョン率と計測方法

ECサイトにおけるCVR(コンバージョン率)は、コンバージョン数をセッション数で割り、その結果に100を掛けることで計算されます。

例えば、セッション数が10,000で、注文が100件ある場合、CVRは1%(100 ÷ 10,000 × 100)になります。
対照的に、セッション数が1,000で、注文が40件ある場合、CVRは4%(40 ÷ 1,000 × 100)となります。

この場合、セッション数が少なくても売上が高いため、CVRが高いという結果になります。
ECサイトの運営においては、「セッション数」と「コンバージョン数」を単独で見るのではなく、どれだけのセッションがコンバージョンに繋がっているかを重視することが重要です。
CVRが低い場合には、その理由を徹底的に分析し、改善策を検討する必要があります。

ECサイトのコンバージョン率の目安

ECサイトのコンバージョン率(CVR)について、一般的には平均が1〜3%台とされています。
有名ブランドの場合など、この平均値よりも高いこともありますが、概ね2〜3%を基準と言われています。

ECサイトのCVRがこの平均を下回っている場合は、改善策を検討することをおすすめします。
CVRが低いということは、興味があって流入したサイト訪問者が十分に購入に至っていないことを示しています。

CVRの改善に関する専門用語

CVR(コンバージョン率)の改善に関連する専門用語としてよく出てくる単語には以下のようなものがあります。

コンバージョン(Conversion)

コンバージョンは、サイトの訪問者が特定の目標行動を完了することを指します。サイトの運営において非常に重要な概念です。
この「目標行動」となるコンバージョンは、各サイトの目的や目標に基づいて定義され、様々な形を取ります。ECサイトでは商品の購入が主なコンバージョンですが、情報提供サイトでは、資料のダウンロードやお問い合わせがコンバージョンになり得ます。

また、コンサルティングサービスのサイトでは、コンサルティングセッションへの予約がコンバージョンとなる場合があります。コンバージョンはサイト訪問者の行動を促すための重要な指標であり、ウェブサイトの成功を測定する上で重要な役割を果たします。

コンバージョンは、ECサイトを含むすべてのウェブサイト運営の核心となります。

CTA(Call to Action、行動喚起)

CTA(Call to Action、行動喚起)は、ウェブサイトやランディングページ上でユーザーに特定の行動を促すための重要な要素です。

これは、ボタン、リンク、テキストなどの形を取り、「今すぐ購入する」「詳細を見る」「登録する」などの明確な指示をユーザーに提供します。効果的なCTAは、ウェブサイト訪問者を積極的にコンバージョン(目的とする行動)へと導くことで、コンバージョン率の向上に大きく貢献します。

一方、ランディングページは、広告やメールキャンペーンのリンクから直接アクセスされる、特定の製品やオファーに焦点を当てたウェブページです。ランディングページの主な目的は、訪問者をコンバージョンに導くことであり、この目的達成のためにはページの内容、デザイン、そしてCTAが最適化されている必要があります。

そのため、ECサイトのCTAは特に重要で、訪問者に対して行動を起こすための強い動機付けを提供する役割を果たします。そのため効果的な組み合わせは、ウェブマーケティングの成功に不可欠です。明確で目立つCTAは、訪問者を適切な行動へと導くことで、最終的にECサイトのコンバージョン率を高めることにつながります。

A/Bテスト

A/Bテストは、ECサイトの最適化において重要な手法の一つです。
このテストでは、ウェブページの2つの異なるバージョン(A版とB版)を用いて、どちらがより高いコンバージョン率を達成するかを比較・測定します。このプロセスにより、デザイン、コンテンツ、CTA(行動喚起)の配置など、ウェブサイトのさまざまな要素を比較し総合的に判断することが可能です。

方法としてはECサイトの商品ページにおいて、異なる画像や商品説明文、購入ボタンのデザインを用いた2つのバージョンを作成します。これらのバージョンは、同じ期間にランダムに異なる訪問者に表示され、どちらがより多くの商品購入につながるかを分析します。

このようなテストによって、訪問者に最も訴求力があるページの要素を特定し、サイト全体のコンバージョン率を向上させることができます。A/Bテストは、仮説に基づいた変更点の効果を実証するためにも用いられます。

例えば、「より大きな画像を使った方がコンバージョン率が向上する」という仮説があれば、A/Bテストを通じてこの仮説を検証することが可能です。また、この手法は、ユーザー体験を損なうことなく、小さな変更から大きな変更まで幅広くテストするのに適しています。

UX(ユーザーエクスペリエンス)

ユーザーエクスペリエンス(UX)は、ウェブサイトやアプリケーションを利用する際のユーザーの経験全体を指します。
これには、サイトの使いやすさ、視覚的なデザインの魅力、情報のわかりやすさ、ナビゲーションが簡単かつ便利であることが重要視されています。

優れたUXは、訪問者に快適で満足のいく体験を提供し、サイト上での滞在時間を延ばし、最終的にはコンバージョン率の向上に寄与します。

良いUXを提供するためには、ユーザーのニーズと期待を理解し、それに応えるデザインを施すことが重要です。
例えば、直感的に操作できるECサイト設計、読みやすいテキスト、魅力的な画像やビデオ、ページロード時間の短縮などが、ユーザーの体験を向上させます。

また、UXは単にデザインの見た目に留まらず、ユーザーがサイトでどのように行動するか、どのように感じるかにも影響を及ぼします。例えば、ユーザーが求めている情報をすぐに見つけられない、あるいは購入プロセスが複雑である場合、ユーザーの不満や離脱を引き起こしCVRに影響を及ぼす可能性があります。

ECサイトでコンバージョン率に影響するページとは

ECサイトにおいてコンバージョン率に大きく影響を与えるページは、顧客の購入プロセスに直接関わる重要なポイントが集まる場所です。 訪問者が購入に至るまでの道のりで重要な役割を担い、最適化されているとコンバージョン率の向上に大きく貢献します。
ユーザビリティの向上、魅力的な商品の提示、スムーズな購入プロセスは、ECサイトでのコンバージョン率を高める鍵となります。

TOPページ

TOPページは、ECサイトにおける「顔」とも言える非常に重要なページです。訪問者がサイトに訪れた際に最初に目にするこのページは、ユーザーに与える第一印象を形作り、その後の行動に大きな影響を与えます。
そのため、TOPページのデザインと機能は、訪問したユーザーを適切にサイト内へと導き、興味を持続させるために重要なコンテンツを備えている必要があります。

TOPページ上では、クリアで直感的なナビゲーションを提供することも重要です。
これにより、訪問者は迷うことなく、求めている商品や情報を簡単に見つけることができます。また、魅力的なプロモーションや特別オファーを前面に出すことで、訪問者の関心を引き、特定の商品やキャンペーンページへ誘導することが可能です。

注目商品の紹介も、TOPページの重要な機能の一つです。新商品や人気商品を効果的に展示することで、訪問者の関心を商品に向け、具体的な商品ページへと導きます。このプロセスは、訪問者がサイト内での検索を開始し、最終的に購入に至る可能性を高める助けとなります。

また、ユーザー体験を最適化するために、ページのロード時間やモバイル対応などの技術的側面にも注意を払う必要があります。

商品ページ

商品ページは、ECサイトにおいて最も重要な要素の一つです。このページは、訪問者が商品についての詳細情報を得て、購入を決定する場所であり、そのための設計とコンテンツは非常に重要です。

商品画像は、できるだけ商品の外観を隅々まで示し、購入者が実際の商品を手に取って見るような経験を提供することが良いとされています。これにより、購入者への安心や説得力が増します。商品の説明文は、機能、特徴、使用方法、サイズなどの重要な情報を詳細に伝えるために用いられます。クリアで理解しやすい説明文は、購入者に製品の価値を伝え、購入決定を促す上で不可欠です。

また、商品の特徴だけでなく、ライフスタイルに合わせた利用シーンや利点を伝えることで、購入者の心に訴えることができます。加えて、レビューや評価は、他の顧客の体験を共有し、信頼性と信頼を築くための強力なツールです。

実際の使用者の声は、新規顧客にとって購入への不安を減らすのに役立ちます。良いレビューは製品の質を証明し、また悪いレビューは改善点を示すことができます。

商品ページには、価格情報、在庫状況、配送オプションなどの実用的な情報も明確に表示することが重要です。
これらの情報は、顧客が購入プロセスをスムーズに進めるために必要です。また、関連商品の提案も、顧客の購入意欲を高めるために有効です。商品ページは、訪問者を顧客に変えるための重要なタッチポイントであり、その最適化はECサイトのコンバージョン率向上に直接的な影響を与えます。

魅力的なビジュアル、明確で詳細な情報、顧客の声を効果的に組み合わせることで、商品ページはECサイトの成果を大きく左右するキーポイントとなります。

カテゴリーページ

カテゴリーページは、ECサイトにおいてユーザーの商品検索を効率化するための重要なページです。このページでは、似た種類の商品が一覧で表示され、ユーザーが興味のある商品を容易に見つけられるように整理されています。

良く設計されたカテゴリーページは、ユーザーが求める商品を迅速に特定するための助けとなり、その結果、ユーザー体験を向上させ、コンバージョン率の増加に貢献します。

カテゴリーページの効果的な要素には、明確で簡潔なカテゴリー名、整理された商品の表示、簡単にアクセスできるフィルターやソートオプションが含まれます。これにより、ユーザーは自分のニーズに最も適した商品を短時間で見つけることができます。
例えば、カラー、サイズ、価格帯、ブランドなどによるフィルタリングオプションは、ユーザーが商品を絞り込む際に大いに役立ちます。さらに、商品の視覚的魅力を高めるために、魅力的な画像やクリアなレイアウトの使用も重要です。

商品の小さなサムネイル画像ではなく、詳細がはっきりと分かる大きな画像を使用することで、商品の魅力を最大限に伝えることができます。また、ページのロード時間やモバイル対応も、ユーザーの滞在時間や満足度に影響するため、重要な要素です。

カテゴリーページの最適化は、ユーザーにとっての検索時間を減らし、商品の発見を容易にすることにより、ECサイトの全体的なパフォーマンスを向上させます。そのため、ユーザーが求める商品を効率的に提供し、快適なショッピング体験を実現することが、カテゴリーページの設計の鍵となります。

買い物カートページ

ECサイトにおけるカートページは、ユーザーが購入を検討している商品を確認し、最終的な購入決定を下すための重要なステップです。
カートページの主要な機能は、選択した商品の一覧表示です。

ここでは、商品の名前、価格、数量、サイズ、色などの詳細が明確に表示されるべきです。
また、商品の小計や税込みの合計価格もはっきりと示されることが重要です。これにより、ユーザーは購入前に購入金額を正確に把握し、慎重な購入決定を下すことができます。

加えて、買い物カートには商品の変更や削除のオプションが容易にアクセスできるように配置されていると良いでしょう。
ユーザーが買い物カート内の商品を簡単に調整できる機能は、ストレスフリーなショッピング体験を提供し、購入の確率を高めます。購入手続きへ進むためのボタンは、目立つ位置に配置し、ユーザーが一目で見つけられるようにする必要があります。

これにより、ユーザーは迷うことなく、スムーズに購入プロセスを進めることができます。
買い物カートページは、ユーザーが購入意欲を最終的に決定する場所であるため、使いやすさと明確な情報提供が非常に重要です。

適切に設計された買い物カートページは、顧客満足度を高めるとともに、購入放棄(カゴ落ち)のリスクを減らし、ECサイトのコンバージョン率を向上させる重要な役割を果たします。

チェックアウトページ

チェックアウトページは、ECサイトにおける購入プロセスの最終段階を担う非常に重要なページです。ここでは、ユーザーが商品の購入を最終決定し、支払いと配送の詳細を入力します。

このページの設計は、購入プロセスの成否に直接影響を及ぼすため、特に注意深く行う必要があります。チェックアウトプロセスが複雑すぎると、ユーザーが購入を途中で放棄する主な原因となり得ます。そのため、シンプルで直感的なプロセスが求められます。ユーザーはステップごとに明確に導かれ、必要な情報を簡単に入力できるべきです。

フォームフィールドは必要最低限に抑え、ユーザーが迅速に情報を提供できるようにすることが重要です。また、チェックアウトページでは、複数の支払いオプションを提供することも重要です。クレジットカード、デビットカード、PayPal、後払いオプションなど、さまざまな支払い方法を提供することで、ユーザーの便宜を図り、購入のハードルを下げることができます。

効果的なチェックアウトページは、購入プロセスをスムーズにし、ユーザーの信頼を獲得するための鍵です。シンプルさ、直感的な操作、多様な支払い方法、そしてセキュリティの確保を通じて、ユーザーの購入体験を最適化し、購入放棄のリスクを最小限に抑えることが可能となります。これにより、ECサイトのコンバージョン率の向上に大きく寄与することができます。

ECサイトでコンバージョン率が低い原因と改善策は?

問題を特定し、対処することで、ECサイトのコンバージョン率を向上させることができます。ユーザビリティの向上、明確なCTAの設置、信頼性の確保、適切な商品情報の提供、シンプルなチェックアウトプロセス、多様な支払いオプションの提供などが、コンバージョン率改善に向けた主要なステップです。

不十分なユーザーエクスペリエンス(UX)

不十分なユーザーエクスペリエンス(UX)は、ECサイトのコンバージョン率に大きな影響を及ぼす要因です。サイトの使い勝手が悪い場合、ナビゲーションが複雑で理解しにくい、ページのロード時間が長い、またはモバイルデバイスでの表示が最適化されていない場合、これらはすべて訪問者がサイトを早期に離れる理由となります。ユーザーが求める情報や商品にすばやくアクセスできない、またはサイトの操作に苦労すると、その結果として離脱率が高まり、コンバージョンの機会が失われます。

したがって、清潔で直感的なデザイン、迅速なページロード、モバイルフレンドリーなレイアウトの提供は、訪問者がサイトでの体験を楽しみ、目的の行動に移すために重要です。

不明瞭なコール・トゥ・アクション(CTA)

ユーザーに対し、次に取るべき具体的な行動(例えば「今すぐ購入」「問い合わせる」「詳細を見る」など)に誘導します。
しかし、これらの誘導が不明確な場合、ユーザーはサイト上で何をすべきか迷い、結果として購入や問い合わせなどの行動に至りにくくなります。効果的なCTAは、目立つデザインで配置され、ユーザーに明確な行動を促すテキストが含まれると良いでしょう。

ユーザーがサイト上で迷わず、スムーズに目的の行動を取れるようにすることで、コンバージョン率の向上につながります。

CTAの最適化は、ECサイトのユーザビリティ改善と直接的に関連し、訪問者の満足度を高めると同時に、ビジネス目標の達成を支援します。

信頼性の欠如

ECサイトにおける信頼性の欠如は、顧客の購入意欲を大きく低下させる原因の一つです。例えば、ユーザーレビューや信頼性のあるセキュリティ認証が不足している場合、顧客はサイトや商品の信頼性に疑問を持ち、購入を躊躇する可能性が高くなります。

また、商品情報が不十分であったり、誤解を招くような内容が含まれている場合も、顧客の不安を増大させ、購入の決定を遅らせる要因となります。
商品の詳細な説明、正確な画像、客観的なユーザーレビュー、安全な取引を保証するセキュリティ認証の表示などは、顧客の信頼を得る上で非常に重要です。

これらを適切に提供することで、顧客の購入意欲を高め、ECサイトのコンバージョン率を向上させることができます。

複雑なチェックアウトプロセス

ECサイトにおける複雑なチェックアウトプロセスは、購入放棄の主要な原因の一つです。長くて煩雑な購入手続きや、予期せぬ手数料が加算されるプロセスは、顧客の購入意欲を著しく減少させます。顧客がスムーズに購入に至るためには、チェックアウトプロセスをできるだけ簡単かつ明瞭にすることが重要です。

これには、必要最小限のフォームフィールド、明確な価格表示、隠れたコストの排除などが含まれます。プロセスを透明かつシンプルに保つことで、顧客は迷うことなく購入を完了させることができ、結果としてECサイトのコンバージョン率は向上します。

効率的なチェックアウトプロセスは、顧客の快適なショッピング体験を保証し、リピート購入にも繋がります。

限られた支払いオプション

ECサイトにおいて、限られた支払いオプションは、潜在的な顧客のニーズに対応できず、コンバージョンの機会を逃す大きな原因となります。顧客はそれぞれ異なる支払い方法を好むため、クレジットカードだけでなく、デビットカード、オンライン決済サービス(例:PayPal)、銀行振込、後払いオプションなど、多様な支払い方法を提供することが重要です。

これにより、幅広い顧客の支払い好みに対応し、購入プロセスの障壁を減らすことができます。支払いオプションを多様化することで、顧客は自分に最も適した方法で支払いを行うことが可能になり、結果としてECサイトのコンバージョン率の向上に繋がります。サイトでの簡単で快適な支払い体験は、顧客満足度を高め、リピート購入にも効果的です。
誤ったターゲット層にリーチしている場合、サイトの訪問者は関心のある商品やサービスを見つけにくくなります。

高い価格設定

ECサイトにおいて、競合他社と比較して価格が高いと設定されている場合、これは顧客が他の購入オプションを検討する主な理由となり得ます。顧客は通常、同じかそれ以上の価値を提供する商品を、より低い価格で購入できる場所を探します。

特に、インターネットの普及により、価格比較が容易になっている現在、顧客は簡単に複数のサイトを閲覧し、最もお得な取引を見つけることができます。

高価格設定は、特に価格に敏感な顧客層にとっては、購入の障壁となり得ます。ECサイト運営者は、市場の価格動向を常に把握し、競争力のある価格戦略を検討することが重要です。
価格設定はサイトのコンバージョン率に直接的な影響を与え、適切な価格設定により顧客の購入意欲を高めることができます。

技術的問題

技術的問題は、顧客の購入体験に大きな障害となり得ます。エラー画面が表示される、ページが正しくロードされない、ショッピングカートが機能しない、決済処理に問題があるなどの技術的な不具合は、顧客の購入プロセスを中断させ、購入意欲を著しく減少させます。

これらの問題は、顧客の不満を引き起こし、サイトへの信頼性を損なうことにもつながります。
そのため、定期的なウェブサイトのメンテナンスと機能のテストは、スムーズなユーザーエクスペリエンスを提供し、コンバージョン率を維持、あるいは向上させるために不可欠です。

効率的でエラーのないサイト運営は、顧客の満足度を高め、長期的な顧客関係の構築に寄与します。

関連リンク:https://www.digrart.jp/consulting/

まとめ

ECサイトのコンバージョン率を向上させるためには、ユーザーエクスペリエンス(UX)の最適化、効果的なコール・トゥ・アクション(CTA)の設計、商品情報の充実、簡潔で透明なチェックアウトプロセス、多様な支払いオプションの提供など、多角的なアプローチが必要です。まず、サイトのナビゲーションを簡素化し、直感的で使いやすいデザインを採用することが重要です。
これにより、ユーザーが求める商品や情報を迅速に見つけることが可能になります。また、モバイルフレンドリーなデザインの実装は、スマートフォンユーザーへのアクセシビリティを高めます。

商品ページでは、高品質な画像と詳細な商品説明を提供し、ユーザーレビューや評価を活用して信頼性を高めます。これにより、顧客は製品に関する十分な情報を得て、購入に対する自信を持つことができます。CTAは、ユーザーに次の行動を明確に示すために不可欠です。「今すぐ購入する」「詳細を見る」「カートに追加」などのメッセージは、ユーザーを購入プロセスへと誘導します。

また、チェックアウトプロセスはシンプルで透明であるべきで、予期せぬ手数料や複雑な手続きは避けることを推奨されています。
支払い方法の多様化も重要で、クレジットカード、デビットカード、PayPalなど、複数の支払いオプションを提供することで、さまざまな顧客のニーズに応えます。

最後に、定期的なプロモーションや割引を通じて顧客の関心を刺激し、リマーケティングやメールマーケティングを用いて既存顧客をサイトに戻す戦略も有効です。これらの要素を組み合わせて適用することで、ECサイトのコンバージョン率を効果的に向上させ、長期的なビジネス成長に貢献することができます。

関連リンク

digrartのECサイト制作
https://www.digrart.jp/web/ec/

ECサイトに関するお問い合わせ
https://www.digrart.jp/contact/

facebook twitter はてなブックマーク LINE

Webに関するお問い合わせ、
お電話、ご相談はこちら。