Written by MT

先日、MicrosoftからInternet Explorer(IE11)のサポート終了についての発表がありました。
IEは11が最後のバージョンですので、これでIEの歴史が閉じるということになります。
IEは昔から独自路線を突っ走り、特にcssでバグが多く、やれカラム落ちだのやれハックだので数々のWEB制作者を泣かせてきました。
それでいてWindowsのデフォルトブラウザであることからシェアが高く、なかなか切り捨てられないというジレンマにも悩まされました。
それが無くなるとは、うれしい反面どこか寂しいような不思議な心境です。
ええと…サポート終了が来年の8月17日ですか?

と思ったら、なんか違うようです。
Microsoft 365 apps say farewell to Internet Explorer 11 and Windows 10 sunsets Microsoft Edge Legacy

上記サイトより引用(Google翻訳)

本日、Microsoft 365のアプリとサービスが、来年のこの時期までにInternet Explorer 11(IE 11)をサポートしなくなることを発表しました。
・2020年11月30日以降、Microsoft Teams WebアプリはIE 11をサポートしなくなります。
・2021年8月17日以降、残りのMicrosoft 365アプリとサービスはIE 11をサポートしなくなります。
つまり、上記の日付以降、お客様はエクスペリエンスが低下するか、IE 11上のMicrosoft 365アプリおよびサービスに接続できなくなります。低下したエクスペリエンスでは、新しいMicrosoft 365機能が利用できなくなるか、特定の機能が動作しなくなる可能性があります。

Google翻訳の精度に驚きですね。

つまり、Microsoft Teams(Web会議アプリ)とMicrosoft 365がIE11を順次サポートしなくなるということのようです。
「サポート終了」と言うと一般的には「使用不可」ではなく「新機能やバグ修正のアップデートがなくなる」という感覚ですが、これまた翻訳ですが「お客様はIE11を使用してMicrosoft 365アプリおよびサービスにアクセスできなくなります」とありますので、サポート終了イコールIE11からは各アプリが使えなくなるということのようです。

なんだ、IE11自体のサポートが終了するわけじゃないんですね。残念。
その代わりEdge(古い方)が2021年の3月9日にサポート終了するようです。
Edgeもちょっとやんちゃなところがあったので、これはこれでありがたいですね。
新しい方のEdgeはChromiumベースなのでこれまでのMicrosoftブラウザよりもまだ信頼性が高い気がします。
それにしても名前なんとかならんかったんかいな。
両方Edgeて。

では、IE11自体のサポートはいつ終了するんでしょう?
wikipediaからの引用です

Windows 10ではOS標準ブラウザがMicrosoft Edgeへと正式に切り替わり、IEの開発は事実上終了した。一方、Windows 10には互換性維持のためにIE11が引き続きバンドルされている。Windows 10はサポートポリシーがこれまでより大きく変更され、アップデートを続ける限り半永久的な使用が可能であるため、IE11がバンドルされ続ける限りは半永久的にサポートが継続されることを意味し、Windowsのサポート期間に依存するIEのサポートポリシーは事実上意味をなさないものとなった。Edgeを事実上のIE最新版と理解するならば、Windows 8.1のサポートが終了する2023年1月10日(日本時間11日、予定)が一つの可能性として挙げられるが、マイクロソフトは明言を避けている。

なんだと…
永久は勘弁してほしいものですね。

ちなみにサポートが終了しなくても、シェアが低くなれば現場ではターゲットブラウザから外します。
つまり「IE11は考慮せずに作るので、IE11でバグってても知りませんよ」というスタンスでサイト制作をするということです。
会社によって基準は異なるでしょうが、一般的には3%前後で切り捨てる感じじゃないでしょうか。

今どんなもんかシェアを見てみましょう。


先月の日本国内のPCでのブラウザシェア

Chromeが60%弱なのはすごいですね。
デフォルトで搭載されているブラウザじゃないので、わざわざインストールして変更している人が多いという事で、IT後進国である日本も広くITリテラシーが付いてきたという事でしょうか?
それにしてはIE11はまだ9%もありますね。
いい加減変えなさいよ。

次に、世界全体でのシェアを見てみましょう。


先月の世界のPCでのブラウザシェア

IE11は2%強ですね。
やはりIEがやたら強いのは日本独自の傾向のようです。

我々はいつになったらIEとさよならできるんでしょうか。
アプリでのサポート終了でそれが近づくといいのですが。

blog top

Webに関するお問い合わせ、
ご相談はこちら。